MENU

オメガ3脂肪酸の効果とオメガ3脂肪酸が含まれる食品

日本は現在、物質的にとても豊かな国になりました。

 

世界の多くの国と比べても、一般的な人々の生活は贅沢な暮らしをしていますし、平均寿命も長年世界トップクラスにい続けています。

 

しかし、豊かな暮らしと幸せとは必ずしもイコールではないというのが悩ましいところです。

 

多くの日本人は、日々健康やストレスに頭を悩ませてはテレビのCMや雑誌で紹介されている、ダイエット法や老化防止、美と健康の秘訣など皆がついつい惹かれてしまう甘い言葉を発信し続けている情報に見入ってしまっています。

 

そして、その宣伝によって多くの会社が利益を得ているのが今の日本社会です。

 

ですが、これらの情報はものによっては科学的根拠に乏しいものや、一過性のブームを巻き起こしはするものの、数年後には跡形もなくなっている情報がほとんどで、購買者はそのたびに期待と挫折を繰り返すことになってしまいます。

今注目されているオメガ3系脂肪酸

最近ヨーロッパから信ぴょう性の高い健康食品の情報が入ってきています。

 

その名前はオメガ3系脂肪酸というものです。

 

ひと昔前までは、誰もこの名前を知っている人はいなかったのではないでしょうか?これは私達が長年切に求めていた健康食品だと言えるでしょう。

 

これを摂取し続けていれば脳の記憶力の向上だけではなく、コレステロールを下げる効果まであるので、正に魔法のアイテムと言えるのです。

 

今まで様々な健康食品でこのような効果を謳ってきた多くの会社もこの魔法の食材に注目しています。

 

ヨーロッパを初め世界中で科学的な根拠が示されていることもブームの追い風になっているようです。

 

ではオメガ3系脂肪酸とは一体なんなのかを具体的に説明します。

 

これは名前の通り脂肪酸の一種です。

 

これらは、飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸の2つに分けられるのですが、普通の食品や油は大抵飽和脂肪酸です。

 

しかし、食品では青魚、油ではエゴマ油やアマニ油、シソ油など一部のものにこの不飽和脂肪酸が含まれています。

 

更に不飽和脂肪酸を正確に説明すると、青魚はDHAやEPA、これらの油にはαリノレン酸が含まれています。

 

ですので、油を買う時にパッケージを注意深く確認するとちゃんとこれらの名前が表記されているので、しっかり確認してから買いましょう。

オメガ3系脂肪酸には脳の記憶力を高める働きがある

先程も説明した通り、オメガ3系脂肪酸には脳の記憶力を良くする働きがあります。

 

しかし、古くから日本人は日常的に青魚を食べてきたので、もしかすると現代人よりもよっぽど記憶力の低下が遅かったり、コレステロールも低かったのかもしれません。

 

現在世界中で日本食ブームが起こっています。

 

タンパク質が豊富に含まれている、大豆由来の豆腐はベジタリアンの人に新たな食事のバリエーションを与え、喜ばれていますし、以前から人気のスシには多くの青魚を食べることができるので、これらからはオメガ3系脂肪酸が摂取できます。

 

このような健康を維持することに必要不可欠な食事を昔からずっと食べ続けてきた我々日本人が、世界トップクラスの長寿国だということは、間違いなく日本食文化と関係があると言えるでしょう。

 

そして、この不飽和脂肪酸が含まれている油には、もう一つの素晴らしい効果があります。

 

それはこの油は乾燥性油といって、空気に触れると少しずつ乾燥していき、完全に乾くと防水効果をもたらしてくれるということです。

 

多くの木で出来た家具や食器には、現在ホルムアルデヒドを含む合成樹脂で表面を防水処理していますが、これは少なからず発癌のリスクを伴っています。

 

しかし、オメガ3系脂肪酸を含む乾燥性油を合成樹脂の代わりに塗装した木の家具や食器は、ホルムアルデヒドを全く含んでいません。

 

ですので、子供や若い人にもとても人気で重宝されています。

 

これからの私達の生活をより豊かで安心して暮す為にはオメガ3系脂肪酸はとても重要なものになるでしょう。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる