MENU

物忘れがなくなるストレスの対処方法8選

ストレスを発散して物忘れを改善

ストレスがあると、頭の中がストレスでいっぱいになり、他のことが考えられなくなります。

 

また、ストレスにさらされると記憶を司る海馬の細胞が死んでしまいます。

 

このようにして、ストレスを受けると物忘れが頻繁に起こることになります。

 

ストレスを改善するためにはストレスと上手に付き合っていくことです。

 

ストレス対処法をストレスコーピングといいます。

 

また、自分の手持ちのコーピングをコーピングレパートリーといいます。

コーピングレパートリーの例

コーピングレパートリーの例についてご紹介します。

スケジュールを立てる

忙しさがストレスになっているのであれば、スケジュールを立てることで、非常に気持ちが楽になります。

相談や雑談

一人で悩まずに、相談や雑談をすることです。

 

話を聞いてもらうだけで気持ちが楽になることは、カウンセリングやコーチングの現場でも実証済です。

趣味

本当に好きな趣味ならストレスを発散できます。

 

ポイントは創作活動のように積極的にできる趣味がおすすめです。

 

特に、読書はストレス発散になるという研究結果もあります。

運動

ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動をしましょう。

 

運動がストレス耐性をアップさせることが分かっています。

神経伝達物質セロトニンを分泌させる

ハッピーホルモンと言われる脳内物質のセロトニンが分泌されることで気持ちを安定させることができます。

日光を浴びる

日光を浴びると、セロトニン神経が活性化して、清々しさを感じます。

 

日光を浴びるのはセロトニンを増やすには欠かせない方法です。

 

この方法は、高照度光療法に応用され、うつ病や季節性感情障害の治療に使われます。

リズム運動をする

毎日、30分継続的な軽い運動をしているとセロトニン神経が鍛えられ、たくさん分泌されるようになります。

 

運動の種類は、ジョギング、ウォーキング、サイクリング、ダンス、ガムを噛むことでも鍛えられます。

スキンシップ

親子や恋人同士のスキンシップ、マッサージ、髪を梳く、撫でるなどの人との触れ合いがセロトニン神経の活性化とストレス耐性の向上に効果があるとされています。

 

以上、ストレス発散法について、心理学的アプローチと脳科学的アプローチをご紹介しました。

 

ストレスは物忘れを促進します。

 

できるだけ多くのストレスコーピングを身につけることが重要です。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる