MENU

治療薬に頼らない物忘れを改善させるための対処方法

40歳に入ってから物忘れが多くなったと感じるようになりました。

 

私はどちらかと言うと記憶力が良く、人の名前や顔はいつまでも覚えているタイプでした。

 

それが最近、相手から「○○さん」と呼びかけられても、相手が誰だったのかすぐに思い出せない時が何度かあり、いよいよ私も老化が始まったのかとショックを受けていました。

 

まだ認知症を気にする年齢でもないですが、私の祖父母は重度の認知症になっていました。

 

思い込みが激しく、私が祖母のお金を盗ったと誤解された事もあります。

 

また知らない間に外へ出て、近所を徘徊していた事は何度もありました。

 

祖父も祖母も若い頃はしっかり者でしたから、あのように豹変していく様子を見るのはかなりショックでした。

 

だからこそ自分はいつまでも若々しくいたいという気持ちが強かったです。

 

そんな私が40代にして物忘れを自覚するようになったのは衝撃でした。

 

まだまだしっかりしている母に「大丈夫かな?」と相談すると、「最近手先を使ってないからじゃない?ピアノとかしてみたら」と勧められました。

 

確かに手先を動かすと認知症予防になるという話は聞いた事があります。

 

ただ私はピアノがそれほど好きではなく、始めたとしても3日坊主になる事は目に見えていました。

 

もっと手軽に予防する方法はないだろうかと探していたところ、認知症予防に効果があるとされるサプリメントが出ている事を知りました。

 

いろんな種類があるのでどれにしようか迷うほどでしたが、ネットの口コミなどを参考にして、DHAやEPAが摂取出来るサプリメントを選びました。

 

DHAやEPAと言えば、青魚に含まれる不飽和脂肪酸です。

 

青魚は脂も多いイメージですが、この脂はサラサラで体に良い事も知っています。

 

子供の頃は親から「青魚を食べると体が丈夫になる、頭が良くなる」と言われていたものです。

青魚が苦手でもDHAサプリは飲めた

でも実は私は青魚が苦手でした。

 

そのため結婚して自分が料理をするようになってからは、青魚が食卓に登場する事はほとんどありませんでした。

 

今回、物忘れを自覚するようになって、すぐに「青魚を食べていなかったからかな?」と思いました。

 

すぐに鯖や鯵の料理をしてみましたが、好物でないだけに毎日食べるのはやはり苦痛でした。

 

そういった意味でもサプリメントで手軽に青魚の栄養を摂る事が出来るのは魅力的でした。

 

私が購入したのはカプセルタイプになっており、当然青魚特有の臭いはありません。

 

とても飲みやすくて、毎日無理なく続けられました。

 

しばらくサプリメントを飲んでいると、昔の記憶力が蘇ってきたように感じます。

 

ふいに知り合いと出会っても、すぐに私から「△△さん」と声をかけられるようになりました。

 

頭がしっかりしてきた感覚もあり、私以外にもこれから勉強を頑張らないといけない息子にも勧めてあげたいぐらいです。

 

また認知症予防のために飲み始めたものの、他の体の部分にも良い作用をもたらしてくれています。

 

たっぷり寝ても取れなかった疲労感が無くなり、朝も目覚まし時計がなるとすぐに起きられるようになりました。

 

体が元気になったおかげで、もっとハツラツと体を動かしたいという思いが強くなり、最近は友達とウォーキングも始めてみました。

 

このウォーキングがまた脳の働きに良い影響を与えているようで、心身共に若返ったと実感しています。

 

サプリメントを飲み続ける事でずっとしっかりしている状態でいられるかはまだわかりませんが、これまで摂取していなかったDHAやEPAを積極的に取り入れているのは、私にとって健康な体を保つ自信にもなっています。

 

今後はこのサプリメントを夫にも勧めつつ、夫婦で認知症予防対策を頑張りたいと思っています。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる