MENU

認知症向けのサプリを選ぶ2つの基準

私の母が軽度の認知症だと判断された時、私と姉はサプリメントの利用を考えました。

 

医薬品ではないので気軽に利用する事が出来ると思ったし、何より母自身も薬ではないので飲みやすいのではないかと思ったからです。

 

ただ実際にインターネット出認知症のサプリメントについて調べてみたのですが、そもそも効果が期待できる成分としては色々とあり、それを有効成分として使っている製品も沢山あったので何を利用すれば良いかと言う事が分からなくなってしまった事があります。

 

とはいっても、何を買うべきか分からないからと言って何も買わないままでは母の状態が悪くなってしまうのではないかと思ったので、私たちは色々なポイント殻あるサプリメントを選びました。

サプリメントの成分に注目する

まず一つは自分が知っている成分かどうかと言う事です。

 

認知症に効果が期待出来る物としては色々とありました。

 

正直どれも良さそうに見えてしまい、何を買おうか迷ったのですが、だったら自分たちが知っている名前の成分の物を買おうと思いました。

 

どのような成分なのかと言う事を知っていれば、どのような変化が期待できるかと言う事もある程度は分かっているし、何より気軽に利用する事が出来ると思ったからです。

 

そこで私と姉が選んだのはDHAでした。

 

私も大学受験の時等にそれを飲んでいたのでどのような特徴のある物かは十分理解していたし、何より手軽に購入する事が出来るので継続して利用する事が出来ると思ったからです。

複数の製品からDHAサプリを選ぶ基準

ただ次に問題になったのは、DHA自体はメジャーな成分なのでそれを扱っている製品がかなり多いと言う事です。

 

ドラッグストア等でも沢山の製品が置かれているし、何よりインターネット上にも沢山の製品がありました。

 

どれを見ても良さそうに見えるのですが、出来るだけ効果を感じる為には上質な物、さらに有効成分が豊富に含まれている物の方が良いと思いました。

 

とはいっても一つ一つの製品を比較検討するのはなかなか大変で、少し比べてみたのですが途中から何が違うのかとか全く分からなくなってきてしまった事もあります。

 

自分で調べる方がしっかりと比較検討できるかなとは思ったのですが、何だか迷ってしまいそうだったのでネット上で人気がある製品を選ぶ事にしました。

 

実際に人気があると言う製品は利用者も多く、さらにそれを利用した事によってある程度の効果が期待できるのではないかと思ったからです。

 

そこで私自身はインターネットで調べて、実際に利用者が多くいる製品、さらに口コミ等を見ても高く評価している人が多い物、勿論母の症状等に似ている人の書き込みなどもある物を利用してみる事にしました。

まとめ

認知症対策としてサプリメントを利用しようと思った場合、既に特定の製品を利用しようと思っている場合は別ですが、とりあえずサプリメントと思っている場合等は一体何を選べば良いか分からなくなってしまう事もあると思います。

 

そんな場合は、自分自身のチェックポイント等を決めておき、それに合わせて製品を選ぶと良いのではないでしょうか。

 

私の場合は知っている成分であり、さらに人気がある物と言う2つの条件で選びました。

 

しかし実際には知らない成分でも良いし、誰か外発した物かと言う物で選んでも良いでしょう。

 

勿論そうではなく手軽に入手しやすい物とか予算の範囲内で購入する事が出来る物と言う選び方もあると思います。

 

ただ重要なのはその製品自体はある程度の期間使い続ける必要があると思うので、出来るだけ長期間利用する事が出来る製品を選ぶと言う事ではないでしょうか。

 

私の場合は実際に長く使い続ける事が出来る物を見つける事が出来たので余計にそう感じているのかもしれませんが、製品を選ぶ時には長期利用と言う事も頭の片隅に置いて製品を選ぶ事をお勧めします。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる