MENU

認知症の予防に効果があるDHAサプリの選び方

高齢化社会が加速する昨今、誰もが避けて通れない加齢に附随して生じる問題の筆頭に認知症が挙げられます。

 

自分だけでなく家族も巻き込み、完治する事のない症状として治療方法だけでなく、家族や周囲の人の対応方法、病院への通院などまだまだ未知の課題となっています。

 

そんな中、大股で歩く事や出来る限り自分の身の回りの事を人に頼らない事など、自分で出来る予防方法も多く紹介されています。

 

実際に脳内の働きによって生じる認知症の場合、如何に脳を活性化させ、いつまでもシナプス(脳内で意思の伝達を行う物質)が活発に分泌されるかがキーポイントとなります。

 

脳に限った事ではありませんが、身体でも筋肉に代表されるように、日々使わなければ衰えます。

 

つまり如何に上手に脳を使い働かせるか、これを訓練する事で予防や対策に繋がります。

 

そんな中、自己啓発だけでなくサプリメントにも効果があると考えられており、実際に高齢者を中心に還暦を過ぎた人でも積極的に摂取するケースも増えています。

認知症予防のサプリを選ぶ基準

一体どのようなサプリメントを選べば良いのでしょうか。

 

一般的に知的栄養素と呼ばれるアスタキサンチンや魚から摂取される栄養素に注目が集まっています。

 

肉を摂取すると血液となり筋肉となり健康な身体を維持する事から分かるように、脳に対して刺激(栄養素)を与える事で脳の活性化や衰えを防止する事が可能であるという医学的根拠もあります。

 

認知症の症状が進行してからでは遅いので、あくまで予防の観点から、還暦を過ぎた辺りや70歳を境にでも良いでしょう、健康な間から摂取する事がポイントです。

 

近年多くのメーカーから様々な種類のサプリメントが発売されており、価格もピンキリなので、自分の症状や健康状態(現在服用している薬との飲み合わせなど)を考慮した上で選ぶと良いでしょう。

DHAサプリは早めに摂った方が効果がある

うっかりや物忘れが多くなった、それだけの症状でも飲み始めると効果が期待出来ます。

 

また、既に症状が出ている方でも改善に役立つケースも見られるので、通院している病院の医師や薬剤師に確認相談して、その人に合ったサプリメントを服用するのも良い事です。

 

注意したいのは、予防効果を期待して多過ぎる量を服用しない事、即効性がないからと次々と製品を変える事です。

 

これらは通常の薬にも同じ事が言えますが、脳は実に繊細且つ多くの細胞から成り立っています。

 

即効性のあるサプリメントなど存在する訳がありません。

 

日々決められた量を摂取する事で認知症を未然に防ぐ事に繋がる、これくらいの軽い気持ちで日々の生活のサポートとして摂取する事が重要です。

 

サプリメントだけに効果を期待してはいけません。

DHAサプリだけに頼らない

日々の食生活や生活習慣及び脳を活発に使う為の努力、これらなくして完全な予防は有り得ません。

 

明るく前向きに生活し、適度な運動や笑う事や文字を書く事など、当たりまえの事を毎日熟す事が最も効果的だと言えます。

 

年だから、と諦めるのではなく、何歳になってもチャレンジする意欲や精神力を持つ人に認知症患者は少ないというデータが示す通り、好奇心旺盛で外出したり新しい物を見て感激する事、考える事、こうした引きこもらないで外に目を向ける事の大切さも知っておきましょう。

 

当然年齢と共に体力は低下します。

 

しかし努力次第でペースをゆっくりにして100歳でも走る事が出来る人も存在するのも確かです。

 

食事以外で栄養素を詰め込んだ栄養補助食品で脳の後退を遅らせる事も可能な今、貴方に必要な栄養は何か、栄養士や係りつけの医師に相談する事から始めましょう。

 

専門知識に長ける人の意見は確実で、その意見を元に出会った栄養補助食品が貴方の今後に明るい光を照らしてくれることでしょう。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる