MENU

アルツハイマーを防ぐ効果に期待がもてるDHAサプリ

60歳になった母が、アルツハイマーと診断されました。

 

半年前に会ったときにも少し話がチグハグな部分がありましたが、以前から父とは「あれ」「これ」で会話し合うような感じだったので、それほど気にしていませんでした。

 

その後、母に実家の野菜を送ってほしいと頼みました。

 

いつもならばすぐに用意してくれて、遅くとも1週間以内には届いていました。

 

ところが、いつまでたっても送られてこないので、忘れているのかと思って電話で再確認してみました。

 

すると要領を得ない感じで「そうだったかしら」と言うのです。

 

今までなら忘れていても「ちょっとボケただけよ」と冗談めしかしてすぐに送ってくる感じでしたが、いつまで経っても野菜は送られてきませんでした。

 

さすがに心配になって何度か電話をしたのですが、なんとなくぼんやりしているような会話しかできませんでした。

 

こちらも子どもがいるのですぐに実家に駆けつけるわけにもいかず、2週間くらい経過してしまいました。

 

すると父から電話が来て「お母さんがおかしい」と言われました。

 

買い物に行ってもなにも買ってこないまま帰ってきたり、洗濯をしてもそのまま忘れることが増えたというのです。

 

さすがにこれは大事だと思い、遠くに住んでいる姉にも連絡して家族全員で母を病院に連れていきました。

 

診断はアルツハイマーで、ボケの症状が出ているということでした。

 

介護認定もしてもらったのですが、軽度ということで介護の認定度が低く、ヘルパーさんも週に1回きてくれる程度で、父の負担も大変なものになりました。

 

有効な治療法がないとは聞いていましたが、まさか自分の親がなるとは思っていなかったので、かなりショックでした。

 

母も以前までは活発に外に出て歩き回る性格だったのに、すっかり家に閉じこもるようになりました。

 

そんな時に見つけたのが、DHAサプリです。

 

何度かテレビなどで紹介されていましたが、青魚の成分というくらいしか認識がありませんでした。

 

そのときは有効な治療方法がないということで、効果はよくわかりませんでしたが、母にDHAサプリを飲んでもらうようにしました。

 

ずっと実家にいられないので、後のことは父に頼んで、週に1回の間隔で私が様子を確認しに行くようにしました。

DHAサプリをとって1ヶ月後に変化がみえた

飲み始めてから1ヶ月は、目立った変化はなかったようです。

 

しかし、1ヶ月と少したったあたりから、母のおかしな行動が少し減ったと父に聞かされました。

 

具体的には、服を着る時にズボンを羽織ったりしていたのがなくなったというのです。

 

ちゃんとズボンがはけるようになったというだけでも、かなりの進歩だと思っています。

 

あとは、以前よりも頭がはっきりする時間が多くなったようです。

 

以前は自分がどこにいるのかわからない、食べたことを忘れる、といったことが頻繁にありましたが、その回数が1、2回程度減りました。

 

これは確かにDHAサプリが脳に良い影響を与えている証拠ではないかと感じています。

父も予防としてDHAサプリをとるようになった

DHAサプリは別にアルツハイマー用の薬ではないので、予防として父も一緒に飲んでいるようです。

 

病院で検査してもらったところ、症状が劇的に改善しているというわけではないけれども、病気がどんどん進行しているわけでもないという平衡状態を保っているということでした。

 

このままどんどん悪くなるのではないかと心配していましたが、症状の進行が抑えられているのと、少しではありますが症状の改善が見られました。

 

今後も継続して飲ませるために、飲み忘れ防止のアラームを設置しました。

 

普段は父が管理しているのですが、その父も高齢ということで忘れる可能性があるので、アラームは役立っています。

 

今後も改善が見られることを期待して使っています。

物忘れ改善のサプリ!魚嫌いな私でも、続けやすさを実感しています。

きなり

「きなり」は物忘れ改善の効果に有効とされているDHA・EPAが多く含まれているサプリです。
魚臭くなく大変飲みやすいサプリメントなので魚が苦手な人にもおすすめです。

>>「きなり」の詳細と体験談を見てみる